岩瀬すず丸のサイン銀行

岩瀬すず丸公式サイン読み競馬ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二部 完 human sciences

 どうも。

 すず丸です。

 いろいろと考えて悩みましたが、ひとまず競馬ブログ記事に関しては区切りをつける時期だと考えました。

 ギリギリまでは競馬ブログ記事、掲示板などは活動できたように思いますし、今は、それらに僕自身は満足しています。

 ここで、第二部 完 ということにします。


 競馬ブログの記事は、僕自身にとっては、すごくパワーがいる存在で、僕自身の気持ち的な余裕や時間的な余裕が必要とされる存在です。

 たんなるブログの記事のひとつだと言われてしまえば、それまでの存在ではあるけれど、僕自身にとっては、僕の基準を大切にした記事だった。

 競馬雑誌の連載記事にしても、ブログの競馬にしても、同じ位置にいた。

 考えることは、ただ一つ…。

 永遠にある課題 『当てる。』 の一つにつきる。

 学校のテストではないけれど、結果がすべてだと思う。ひどい例え話をすれば、学校の成績がオール1であろうが、テストで結果を出せば、それでいいとも思う。悪いことかもしれないけれど。

 競馬新聞などの主流が予想方法の王道であるとするならば、サイン読みは邪であるかもしれないが、今でも思うが、結果としてそれらより正解が多ければ、それは素晴らしいことだとも思う。

 競馬にしても、いろいろな道が存在しているように感じる。

 僕は、僕の正義にいけばいいのだと。



 第三部開始は、1カ月後の11月24日(日)ジャパンカップG1としますね。

 それまでは、自分探しの旅へ。


 しばらく、ご迷惑をおかけすると思いますが、今後ともよろしくお願いいたします。



 
 僕は、最近、実感しますが、僕は恵まれていると思う。

 同級生や知り合いの噂話をときどき耳にすることがある。

 良い噂話もあれば、悪い噂話もある。

 いろいろな生き方があるんだと、つくづく、思ってしまう。

 
 human sciences.


 以上。

 岩瀬すず丸
スポンサーサイト

いよいよ秋競馬。

おはようございます。

すず丸です。

みんな、長く続いた夏競馬は、どうでしたか?
いよいよ、秋競馬が始まりますね。

これからは秋競馬のトライアルレースがあり、やがて、秋のG1シーズンになります。

今週の個人的に注目なレースは、セントウルSです。
秋のG1であるスプリンターズSのトライアルレース!!
僕はデーター派ではなくサイン、出目派ですが、このレースで結果を残した馬が本番のスプリンターズSでも好走していることから、スプリンターズSを占う意味でも注目のセントウルSだと思います。


セントウルSは短距離のレースでありますから、短距離路線のことを頭に入れて推理できればと考えています。

東の中山競馬場では京成杯オータムハンデがあります。このレースはタイトルにあるようにハンデ戦であり、波乱要素もありますし、純粋にサイン、出目で推理できればと考えています。


まだまだ暑い日々ですが、少しだけ、涼しくなってきたようにも思います。
もうすぐ、秋なんだなあ~。と感じますよ。


今年の冬も、ワカサギ釣りにチャレンジするつもりなんで、かなり早いですが、秋と冬は楽しみです。
もっぱら、ワカサギ釣りで大漁になったことは、一度もありませんが…。笑。


以上です。

競馬の視点。

 こんばんは。

 すず丸です。

 昔、良く考えた競馬のことを今回は書こうと思います。

 ご存じの方もいると思うけれど、単勝人気1番人気、2番人気、3番人気の馬券対象になる確率って分かりますか?

 けっこう1番人気馬、2番人気馬、3番人気馬が総崩れのレースは少ないですよ。

 先週の新潟競馬の土曜、日曜開催の計24レースで1番人気馬、2番人気馬、3番人気馬が総崩れのレースは、たったの2レースです。確率でいえば10パーセントもありません。

 ネットなどで調べるてみると詳しいことが分かるとも思います。


 昔は、僕はそのことを頭に必ず入れて馬券を考えていた時期があります。

 1番人気馬、2番人気馬、3番人気馬が総崩れのレースがほとんどないならば、逆に1番人気馬、2番人気馬、3番人気馬の中で信頼性の高い馬を見抜いて馬券購入すれば良いと思ったからです。
 無理して穴狙いするよりも効率が良いとも思いましたしね。


 競馬新聞にしろ、スポーツ新聞の競馬面にしろ、単純に本紙の予想印に注目しました。本紙というのは基本的に当てるのが目的ですし、人気馬に必ずというほど印を打つものですから、単純に本紙の印を大切にしました。また、それが良いのか悪いのかわからないですけれど、人気になる馬に必然に◎と○は集中しますから、そこにも注目します。

 あとは、サイン理論や出目などで、人気馬に信頼性があるのかを確認していくわけです。

 走る人気馬は、けっこう、サイン理論にしろ、出目にしろ、案外、バランスが良いんですよ。

 1番人気馬、2番人気馬、3番人気馬と想定される馬を選び、それらでどれが信頼性が選択して馬券購入していた昔がありました。


 競馬をやる人はいろいろな人がいます。

 競馬を趣味として楽しむ人。

 投資として競馬をする人。

 いろんな競馬の楽しみ方、取り組む姿勢があります。

 今回書いた人気馬に注目して、自分自身の理論で走るか馬場掃除するのか?を見極めていくのも、また、競馬の楽しみ方、取り組み方の1つだろうと思います。

 以上です。

 すず丸

にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ
にほんブログ村

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。