岩瀬すず丸のサイン銀行

岩瀬すず丸公式サイン読み競馬ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【週刊すず丸 春のG1も近く】

 先週は、JRA競馬!!お疲れ様です。

 月曜日から大井競馬場ではナイター競馬が始まりました。
 今月の29日には中京競馬場ではG1レース高松宮記念があります。
 そして、来月には桜花賞、皐月賞が行われます。
 春のG1も近いと思う今日この頃です。





サイン競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。ご協力よろしくお願いします。


 先週、3月12日のブログ競馬記事に 【週刊すず丸 3歳牝馬】 にて、3歳牝馬路線についてを書いたわけですが、一つの考え方として、その路線というものから競馬を推理していくこともありだと思っています。


【ここ最近の3歳牝馬路線の枠連結果】

2月14日 東京 クイーンC  枠3-「7」

3月7日 阪神 チューリップ賞 枠1-「7」

3月14日 中山 アネモネS  枠1-「7」

3月15日 阪神 フィリーズレビュー 枠「7」-8

3月21日 中山 フラワーC !?

上記に書いたのは、3歳牝馬路線のここ最近の4レースの枠連の結果です。
4レースとも、7枠が連対枠というのも面白いものだろうと個人的には思います。今週の3歳牝馬重賞のフラワーCの未来はわからないのですが、過去の3歳牝馬路線の結果を頭の片隅にいれておくということも、悪くはないように思います。

競馬は、様々な考え方ができるものです。
これが正しい、これは間違いという考え方もないものだと個人的には思う。
結果が出せていて、自分なりに理由の説明ができるのであれば、それは立派な馬券術だろうと感じる。

春のG1が近いからこそ思うことですが、ひとつの考え方にこだわって狭い視野にならないように注意したいですし、広い視野で柔軟でいたいと、ふと、思いました。

以上です。

お知らせです。
競馬最強の法則4月号が発売になりました。
ぜひ、ご購入いただけると、嬉しいです。




よろしくお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ:競馬予想(サイン読みとデータで勝負!!) - ジャンル:ギャンブル

【週刊すず丸 3歳牝馬】

今週は、阪神競馬場にて、フィリーズレビューがある。

フィリーズレビューの前身の報知杯4歳牝馬特別の95年が自分自身の記憶によみがえる。

95年はJRAが地方開放元年の年であり、その95年の報知杯4歳牝馬特別は、地元笠松競馬場の期待を背負いライデンリーダーと安藤勝騎手のコンビが中央デビュー戦で圧勝したレースなのだ。
何か感動したことを覚えている。

地方開放元年で扉が開いた瞬間であったような気が個人的にはしている。また、このことで当時笠松競馬所属の安藤勝騎手を知ることになった競馬ファンが多いのでは!?ないかと思う。
まあ、トミシノポルンガで知った人も多いのではとも思いつつであります。


今週は、ある意味では特別な思いがあるフィリーズレビューであったりします。

今週の 【週刊すず丸 3歳牝馬】ブログ競馬記事は、3歳牝馬の基本を書いておきます。



サイン競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。






【週刊すず丸 3歳牝馬】

★3歳牝馬路線  

1月12日 中山 フェアリーS

2月14日 東京 クイーンC

3月7日 阪神 チューリップ賞

3月14日 中山 アネモネS

3月15日 阪神 フィリーズレビュー

3月21日 中山 フラワーC

G1 4月12日 阪神 桜花賞 

4月26日 東京 フローラS

5月3日 東京 スイートピーS

G1 5月24日 東京 オークス 


上記に書いたのは、3歳牝馬路線というもののオークスまでの路線です。

いまさらと思われることかもしれませんが、3歳牝馬のレースを考えていくうえで、僕自身は大切な存在ではないかと考えるし、ある意味では基本という存在のような気がしています。

本当、基本だろうから笑われてしまうだろうけれど、桜花賞までの流れとか、オークスまでの流れとかを考えるときには、頭の片隅に『路線』について入れておくと、僕自身はわかりやすいんですよ。
上記の路線はおおざっぱなものではあるから、そこに個人の考えるレースを路線に追加しておくことも良いかもしれませんね。

この路線について、僕が僕の意見を書くことはないです。
人それぞれ、考え方は違うのだから、自分自身の考え方でいいのではないか!?とも思います。
自分で考えて発見していくことは大切なことだろうしね。

以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

テーマ:競馬予想(サイン読みとデータで勝負!!) - ジャンル:ギャンブル

【週刊すず丸 間もなく春競馬】

こんばんは。

先週のJRAは、様々なことがあったように思う。

後藤騎手がお亡くなりになられたことは、本当にショックであったし、競馬界を盛り上げてきた人でしたから、残念でなりません。ご冥福をお祈りします。

そして、調教師の方の引退、新人騎手のデビューなどもありました。

JRA所属騎手としてデビューした外国人騎手の2人は明暗を分けた日曜日でもありました。

暗は、ルメール騎手は、やってはいけない ツイッターをしてしまい、すべて乗り替わりになり、騎乗停止処分となった。

明は、ミルコ.デムーロ騎手。デビューした日の重賞レース阪急杯をダイワマッジョーレで勝利する離れ業をやってのけてしまった。

先週のJRAは、一個人としては、冬から春になるんだ。といった季節の変わり目のような感覚だった。




にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。


日曜日から3月となりました。

3月といえば、皐月賞トライアル、桜花賞トライアルなどのG1レースの前哨戦があり、春のG1シーズンを推理する上では重要な時期だろうと思います。

もう、春も間近に感じます。

3月には、僕の準地元の中京競馬場でもG1高松宮記念がありますし、馬券成績の未来はわからないわけでありますが、少しは、サイン読み競馬を頑張ろうという気持ちにはなってきていますよ。

頑張るというのは、本当に、勢いもないといけないし、すごい力の必要なことだとは思います。

ただ、毎年、春が近くなると思うんですよ。

昨年は、これはできなかったから、今年は、春から、できなかったことを頑張ろうと。
だいたいのことが、3日坊主であったりするわけなのですが、春という季節はそういう気持ちにさせてくれますね。

3日坊主にならないためにも、まずは、今週の弥生賞などの競馬をサイン読みで頑張れればです。

まずは、1つ1つマイペースで階段を駆け上がりたい自分がいます。


以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

テーマ:競馬日記 - ジャンル:ギャンブル

週刊すず丸 2月16日 月曜日

おはようございます。

土曜、日曜日はJRA競馬!!お疲れ様です。的中された方は、おめでとうございます。

個人的な日曜日の馬券は、京都記念は惨敗でしたが、共同通信杯は1番の単勝主体にいき、なんとかでした。今週末も、このリズムを大切にしたいものです。
狙っていたレース、日曜日東京最終レースは力が入ったとも、付け加えておきます。



今週は、日曜日は今年初のG1レースのフェブラリーSですね。
ホッコータルマエがいないダートG1レースであることは、頭に入れておかないといけないことだとも思っている。
ダートチャンピオンがいないG1レースになる以上は、波乱の要素もあるのではないだろうか?


また、フェブラリーSをサイン的に考える上では、個人的には、昨年のG1レースでのことは理解しておかなければいけないだろうし、横の流れからは、ダート路線のレースの過去は理解しておかなければと考えている。
当然、今の東京競馬のトレンド?ではないが、傾向もある。東京競馬の今年の流れに乗るのも面白いとも思う。


フェブラリーSにおいて、個人的に最も重要なことは、フェブラリーSの本質を理解することだろう。
サインを探すのも大切だが、本質を見抜いていて、はじめて、それも活きるものだろうしね。


最初と最後のレースは当てたいものだから、自分のペースになってしまうけど、僕なりの基準で推理できればです。



お知らせも。競馬最強の法則が発売です。良ければ、読んでくださいね。
よろしくお願いします。


以上

いよいよ週末ですね。週刊すず丸

こんにちは。

いよいよ週末ですね~。

今朝はスポーツ新聞を読みましたが、外国人騎手が誕生したようですね。
JRAも時代が変わったのだと実感しています。


今週は週末は、お出かけしますので、今晩、ブログに書けるサインなどがあれば書きたい気持ちがありますね。

すず丸のイチオシ増刊号!!は、きさらぎ賞は書きましたから、東京新聞杯で何かあれば書きたい気持ちでいます。


よろしくお願いします。

アディオス~~。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。